ビールで赤毛に?ビールと美容効果のあるビール酵母

ビールを髪につけると、赤毛に脱色できると聞いた事のある方も、多いのではないでしょうか。
30年以上前、まだ市販のブリーチ剤のかずが少なかった頃は、ビールで赤毛にしていた人も多いようです。
ビールは酸性のお酒なので、髪につけると赤毛に脱色する効果があると言われています。

飲むだけでなく以前は脱色にも使われる事もあったビールは、私達の生活に身近なお酒です。
ですが、どのようにしてビールが作られているのか、意外と知られていないようです。

ビールは麦芽を煮てできる麦汁に、ビール酵母を加え発酵させ作るお酒です。
実はビールを作る際に欠かせない、ビール酵母は美容効果が高いとして、今話題を集めています。

ビール酵母には美容サプリメントにも多く含まれる、アミノ酸やビタミン類、ミネラル類といった、様々な栄養素が含まれています。
このような栄養素の相乗効果によって、美肌効果が生まれるのです。

また、シスチンペプチドという成分も、ビール酵母には含まれています。
シスチンペプチドはシミの原因となる、メラニン色素が作られる時に活動する、チロシナーゼという酵素の働きを、抑制する効果があると言われています。

美肌作りだけでなく、美白効果も期待できる為、ビール酵母は女性にとって嬉しい美容食品です。

「ビール」と名前がついていますが、酵母ですので一切アルコールは含まれていません。
ですので、お酒が苦手という方はや、アルコールアレルギーを持つ方でも、安心して口にする事ができます。

ビール酵母には顆粒タイプや、サプリメントタイプに加工されているケースが多いようです。
美容食品は毎日服用する事で、効果を発揮するので続けやすいタイプを選ぶようにしましょう。